vol.17 群馬 渓山荘 〜07.07.27(Fri.)-07.07.29(Sun.)

 

2・3日目

朝散歩も川へ


翌朝、viさんはいつものように早起きです。mamaがゆっくり温泉につかって、仕度をしている間、papaとviviは川にお散歩に・・・
朝の川ってとってもきれい。幻想的です。(見てないけど・・・)
今日もとってもよい天気♪また一日たっぷり遊ぼうね!
渓山荘は、お庭もとっても素敵♪敷地内だけでも、ちゃんとお散歩が楽しめます。


朝ごはん


朝ごはんもテラス席で。ライトのお食事です。体に優しい玄米ゴハン、美味しい卵、納豆、お海苔、サラダ、お味噌汁・・・
viは洋服を着せられてふてくされ気味。ふてくされるとかならずこちらにおちりを向けます。これから楽しいお散歩だからね、ちょっとだけごはんに付き合ってね(汗)
渓山荘には、ウェディング用品のコーナーや、小さなセレクトショップがあります。ここを見るのもいつも楽しみ♪


武尊渓谷遊歩道


この日も気温はぐんぐん上昇。涼を求めて、武尊渓谷遊歩道に向いました。最初、入り口がわからずオロオロしましたが、村役場に問い合わせ、草をかきわけてなんとか遊歩道へ。想像以上にスケールの大きな川が流れており、涼しくて快適♪階段も整備されていて、とっても気持ちのよいお散歩ができました。日が当たらないので、足場がぬかるんでいるのがちょっと危険。
なぜか柵の上にバスケットが・・・そう、mamaが今回絶対に実現したかった、ピクニック用のランチバスケットです。車の中に置いておくとチーズやバターが溶けてしまうので、話し合いの結果、涼しい場所に置いておく事に・・・熊に盗まれないことを祈りつつ、バスケットに別れを告げ、遊歩道を進みます。



歩いた限りでは、川に降りられるポイントがなさそうで、ちょっと残念でしたが、かなり流れが急だったので、降りたら間違いなく流されることでしょう。代わりにマイナスイオンをたっぷりあびました。
出発ポイントに戻ると、釣り人が私たちのランチバスケットを凝視していました(汗)でも、見なかったことにして通り過ぎてくれたのでよかった。無事、ランチバスケットを回収し、次のお散歩スポットへ向います。

武尊牧場


冬に来た時、閉鎖されていて入ることができなかった武尊牧場にやってきました。念願のピクニック&トレッキングをしようね、vivi♪
しかし、涼しいお山の上で、ランチバスケットを広げるためには、ランチバスケットを持ってリフトに乗らねばならず、当然のように持たされているvivipapaはブーブー。しまいには、「あー邪魔!そんなに持ってきたいなら、アフリカ人みたいに頭の上に乗せて自分で運べばよいのに・・・」って、その発想がよくわかりません。
viviちゃんとvivimamaは聞こえないふりをして、リフトで頂上を目指します。高原の風が気持ちいい♪ヤナギランがきれいに咲いています。そうそう、このシチュエーションなの、mamaが夢見てたのは!さっそく素敵な木の根元に、レジャーシートを広げてランチボックスを展開♪

美味しそうなパン、チーズ、バター、アプリコットジャム、生ハムのサラダ、オリーブ、ゆで卵・・・♪(※飲み物は別注。)しかし、バターなどは素敵な陶器皿に入っているものだから、そりゃ重いわけね。今だから言うけど、山の上に持ってくるものではないかも、しかもリフトで(ぷっ。)そして、なぜ、ここまで苦労して実現した素敵写真がないかというと、食べている間中ミツバチに狙われ続け、写真どころではなかったからなのです。しかも、あとでよく考えたら、おそらく、私が選んだ場所のすぐ横の植え込みに彼らの巣があったんですね〜!山育ちのvivimamaはへっちゃらですが、vivipapaはミツバチの恐怖に怯え、プチブルー状態に。うーん、ランチボックス、すごく美味しかったしまた次もお願いしたいけど、vivipapaのトラウマが(笑)
またまたお散歩に邪魔になるランチボックスを木の植え込みに隠し、トレッキングコースへ♪viviちゃんは森に向ってうれしそうに進んでいきます。しかーし!あんなに天気のよかった空から、ぽつぽつと雨が・・・あっという間に気温もぐんぐん下がり、すっかり雨空に・・・ここのトレッキングコースは、入り口で入山記録をしなくてはいけないくらい、本格的なコースのようで、他の方たちはちゃんと雨具を装着してました。
が、ふざけた格好のvivi家一同(viviにいたっては裸ですし。)は、突然の雨になすすべもなく、誰もいない山の中の東屋で、しばし雨宿り。でもこれもまた楽しい思い出♪山をなめたらアカン、ということです。今度来る時の格好について、真剣に話しあいつつ、小降りになったのを見計らって、置き去りにしたランチボックスを回収し、売店のある建物に移動しました。ホットコーヒーで体を温め(本当に寒かったのです!)、400円のカッパを買って、リフトで下山。



viviさんはmamaとカンガルーさん状態で。ちょっとお散歩が足りなくて不満そう?牛たちも濡れて黒光りしていました。

吹割の滝


山を降りてみると、ん?雨?なんのこと??とばかりのよい天気。寒さに震えたことなどすっかり忘れ、またしても涼を求めて、吹割の滝へ。viviの後ろの白線は、ここから先には出ちゃいけません。という印。ちょっとでもはみ出ると、係のおじさんにモーレツに笛を吹かれます。渓山荘のスタッフさんも、ここの滝つぼに落ちたらもうおしまいだと言っておりました。それでも、柵を作るわけでもなく、おじさんが笛を吹いて守ってくれる感じが、群馬らしくてグッド♪
流れのゆるやかなところで、viと遊んでみましたが、どうやらここも降りてはいけないところだったらしい(汗)どうりで人がいないわけだ。。


しかし・・・そこに川があるのに、入れないとはどういうことだ!とうちの姫が申しましたので、ちゃんと遊べる場所を探しました。滝の上流にある、お相撲さんは恐らく通れないであろう岩と岩の隙間を抜けると、こんな水辺に出ることができました。水が冷たくてすごく気持ちがいい!papaもmamaも靴を脱ぎ捨て、しばし水遊び〜♪viviも最初はオロオロしていたものの、だんだんと自分から水の中へ・・・しかし!ここでvivi家を(vivipapaを)さらなる悲劇が襲います(笑)


「viviを撮って」と頼んでいるのに、川の方を向き、私に背を向けたまま動かないvivipapa。「どうしたの?」と彼の顔をのぞきこむと、唇にアブがとまっていました。しゃべることも振り払うこともできず、ひたすら固まるvivipapa。
私も、本当はアブなんて慣れたものなのですが、昼間のミツバチと頭の中で混同してしまい、アブが自主的に立ち去るまで、見守ることにしました。すると、vivipapaの唇から血が・・・やられてるし!!(笑)結局振り払ってその場から逃げましたが、アブに刺されるとかなり腫れるはず・・・vivipapaがどこまでたらこ唇になるのか、気がきじゃありませんでした。結果、さほど腫れず、心配だった夕食にも影響なくほっとしましたが、夕食時、渓山荘のスタッフさんに話すと、「それは、食べられてたんですね。アブは肉食ですから。お気の毒様です。」とにこやかに言われました。食べられてたんだね〜、へぇ〜!!これというのも、同じく、渓山荘の旅でアブに刺されたあのお方のことを、「アブに刺されるなんて・・・また子供みたいにはしゃいだんだよ、きっと」と小ばかにしていたバチがあたったに違いありません。ごめんよ、leonpapa(笑)
ちなみに吹割の滝の駐車場は、500円ですが、500円分のショッピングチケットがもらえます。というわけで、お散歩の疲れを癒すために、ソフトクリームとカキ氷をいただきました♪(300円くらいオーバー、まんまとしてやられた・笑)

エステ♪


渓山荘に戻り、mamaは予約してあったエステを受けます♪その間、papaはお風呂を満喫する予定なので、viviちゃんは、mamaのエステルームにご同行♪そんなことが許されちゃうのも、渓山荘さんならでは♪
おやつとベッドを持っていざエステルームへ♪♪
え?またmamaのお楽しみかよって?気のせいですって!
ヒーリングミュージックの流れる空間で、渓山荘のそばで生まれ育ったというエステティシャンの方に、お肌のお手入れのお話を聞きつつ、ゆっくりとした時が流れていきます。といっても話題は「なぜ毛穴の開きが目立つようになったのか?」「それは重力に負けているからです。」などというかなり物悲しいものでしたが(笑)
エステティシャンをしている彼女も、渓山荘が大好きで、プライベートでもお友達とたまに訪れるそう♪地元民にも愛されるお宿なのですね♪彼女もしきりに、この大らかさが心地よいのです、と言っていました。同感です♪
エステルームといっても、泊まったお部屋の向かいの、普通の和室です。viviちゃんは、1時間の施術中、たまに「きゅぅ〜ん・・・」と文句を言いつつ、持参したおやつをベッドの上でかじりながら、待っていてくれました。さんきゅ♪

夕食&就寝


渓山荘さんは、食事にいろいろなバリエーションがあり、好みに合わせてセレクトできるようになっています。2日目は、たくさん遊んでおなかがすいたので、洋食のスペシャルをセレクト。(※前日までに予約する必要があります)
エステもしていただいてすっかりくつろいだ状態で、浴衣でいただきます♪
この日は、他に3組のカップルがいましたが、犬はviviだけでした。




マネージャーさんとおしゃべりを楽しみつつ、ゆっくりと美味しいお食事をいただきます。
平目のカルパッチョ、ホタテのコキール・・・日本海まで買い付けに行くという海の幸も、とっても美味しいです♪
お魚は、vivipapaが大好きな一品。ハーブの香りがたまりません。お肉料理は、オーナーさんが豚肉が大好きとのことで、特別オーダーをしない限りはいつも豚肉です。しっかり肉厚で美味しい♪




viさんもしっかりごはんを食べて、もう相当おねむさん。お部屋に戻るとコテっと眠ってしまいました。

朝食


翌朝は、かなり寝坊をしてしまい、目が覚めると朝食の10分前(汗)
viも遊びすぎて疲れたのか、めずらしく一緒に眠りこけていました。
急いで仕度をして、テラスへ。viさんはゆで卵の黄身をねらってペロリ♪ここの卵は本当に美味しいです。
ソーセージもお野菜も、しっかりボリュームがあって美味しい♪
コーヒーはポットでいただけるので、ゆっくりと朝食を楽しみました♪
朝からお野菜たっぷりで幸せ〜♪



朝散歩


mamaが温泉を楽しんで、仕度をしている間、papaとviviはまた川へ・・・帰ってきたpapaが、こんな衝撃映像を見せてくれました(笑)
石ころ集めが趣味のviviさん、よい石ころを探し求めるあまり、とうとう、お顔を水につけられるようになりました!
変な犬ー(爆) 本人は真剣なようですが、かなり笑えます。
楽しい滞在ももうおしまい。小さいころ大好きだった祖父母の家から帰るときのような、ちょっぴりさみしい気分です。


21世紀の森


スタッフさんたちと、いろんなお話をしながら、チェックアウトを済ませ、冬の旅行で来てすっかりお気に入りになった21世紀の森に来てみましたが、案の定草ボーボー・・・完全に埋もれています。
それでも一生懸命走っていましたが、やっぱり冬のほうが楽しそうだったかな。
夏のほうが緑がきれいでよいのですが、こういう困った点もあります。特にviのようなチビ犬には。。
それにしても、またしても人っ子ひとりいないこの場所。また、草があまり生えていない季節に、走りにこようね♪


帰りましょ・・・


日曜日の行楽渋滞を避けて、早目に帰路につきました。vivimama(風邪気味だったの、ほんとに!)とviviはひたすら眠っていました。papaさん、運転お疲れ様〜♪
山、花、川、温泉、いろんなものに癒された旅でした。papaさんいつもありがとう♪
また渓山荘に連れてってね♪

1 | 2・3 

← back